5年目の看護師のメリットとは

5年目の看護師のメリットとは

看護師として5年くらい勤めた方のメリットとは?ある程度の実務経験があり、一人毎のスタッフとしてどこでも活躍できる事でしょう。大学病院や総合病院に転職して、更にスキルアップを目指す方もいます。

 

新人看護師の場合では、できることも決まってくるため色々な事に挑戦できませんね。しかし、5年くらいになるとその方が本当にやりたい事も見つかり始め、あたらなスキルを学ぶ方も少なくないです。大きな病院だと高いスキルが必要と考えてしまいますが、このくらいの経験を積んだ看護師なら病院側も即戦力として雇いたい事もあります。5年くらいたったらどんどん新しい事に挑戦したり、自分の将来像へ向かって進む事をおススメします。

 

また、これぐらい経験を積んでくると、自分の適性も分かってきます。看護師がやっぱり向いていないと思えば、企業に勤めたり、クリニックで広く浅く看護の仕事を続ける方法もあります。人には向き不向きもありますし、やりたい事もだんだんと変わってくるものです。経験があれば訪問看護師へとステップアップする方法も良いですね。看護師経験5年目と言っても、まだまだ若いのですから体力勝負の業務に関わる事も出来ると思います。